チェブ&ゲーナ 2面タイプ 平行四辺形 ピンバッチ

チェブ&ゲーナ 2面タイプ 平行四辺形 ピンバッチ

材質:スチール
●チェブのピンバッチではかなりめずらしい平行四辺形です。
見る角度によって絵柄が変わります。
こちらはチェブと巣箱?かな
中央上部の赤い絵柄の男の子は、ピオネールを表しているのかな?
劇中でピオネールに入るには巣箱が作れなきゃといわれたシーンでしょうか?

「チェブ&ゲーナ 2面タイプ 平行四辺形 ピンバッチ」の続きを読む

(ミニ 光沢)アコーディオンを弾きながら歩くゲーナ(イエロー 服ブルー) ピンバッチ

2010_010150015.JPG

材質:プラスチック
●小さなバッチですが小さいながらも、とても丁寧につくられています。
同じ背景でゲーナの服の色が違うものが存在します。

「(ミニ 光沢)アコーディオンを弾きながら歩くゲーナ(イエロー 服ブルー) ピンバッチ」の続きを読む

★自己紹介★運営について★

そもそものはじまりは、
娘とふらりと遊びに行った「三鷹の森 ジブリ美術館」でした。
そこで、もらった1枚のチラシ、それが、チェブラーシカだったのです。

チェブラーシカ 映画 チラシ

このなんともいえないあどけない顔~。


結婚して10年。

久々の胸キュンでした^^

それからというもの、お店でチェブグッズを見かけると
家に連れてかえっています。

特に、ロシアの蚤の市で売られている
旧ソ時代のアンティーク チェブピンバッチを見つけると、
目の色が変わります。
(人相も変わります。)

今年は、26年ぶりに第5作目登場する記念の年。
チェブファンがさらに増えてくれるといいなと願っています。

管理人より

 

<運営について>

こちらでご紹介しているチェブラーシカに関する情報は
私が長年集めてきたグッズから得たものです。
チェブラーシカの権利をもっている会社さんと私は、
何の関係もありませんのでご了承ください。

具体的な製品の情報をお求めの方は、
各グッズの販売会社さんに直接お問合わせください。

またこの情報が原因で被害及び損害を受けた場合でも責任は負いかねます。
ご理解くださいませ。

 

<記事・画像について> 

当サイトはリンクフリーですが、
サイト内の記事・画像を、無断で使用することを禁じます。
すべて私の大切なコレクションです。
必要な場合は、メールでお問合わせください。

ロシアのかわいいデザインたち

ロシアのかわいいデザインたち

私の大好きな本「ロシアのかわいいデザインたち」です。
井岡美保さんと、小我野明子さんが紹介されている、
ロシアの小物達が、なんとも素朴であたたかみがあって、
素敵です。
もちろん、チェブラーシカについても語られています。

「ロシアのかわいいデザインたち」の続きを読む

チェブラーシカ パペットぬいぐるみ

チェブラーシカ パペットぬいぐるみ

チェブラーシカのパペットぬいぐるみです。
なんだか眠そうな顔をしているなぁと思っていたのですが、
最近気づきました!!
この顔は、電話BOXで暮らしていたチェブが、
友達が誰もいなくてさみしいそうにコマを回して
1人遊ぶシーンのお顔ではないでしょうか?

「チェブラーシカ パペットぬいぐるみ」の続きを読む

キャラクターフリーマガジン マルシー maru-c 2006年 第7号

maru-c

日本や世界のキャラクターを紹介する無料のフリーマガジン、
「マルシー maru-c」の第7巻に、
チェブラーシカが紹介されていました。
※表紙を飾っているのはキュリアス・ジョージですが・・・。

「キャラクターフリーマガジン マルシー maru-c 2006年 第7号」の続きを読む

2008年12月 越谷 イオンレイクタウン チェブラーシカに会う

動かないチェブラーシカ

2008年のクリスマスイブの前日。
越谷のイオンレイクタウンにチェブラーシカがやってくるという
情報を得たので、
娘と二人、行ってみることにしました。

イベントが行われたのは
イオンレイクタウンのmori(森)の2Fのトラベルスクエア。

到着してチェブを探すとチェブラーシカは専用の箱の中に・・・。
動いてませんでした・・・が、
その大きさとかわいらしさに、しばし時を忘れました。

「2008年12月 越谷 イオンレイクタウン チェブラーシカに会う」の続きを読む

チェブラーシカ チラシ ~三鷹の森ジブリ美術館ライブラリー提供作品

チェブラーシカ 映画 チラシ

ロマン・カチャーノフ監督の、
ロシア史上最も愛される人形童話「チェブラーシカ」映画の日本公開時のチラシです。

下の部分に、原作者「エドゥアルド・ウスペンスキー」
美術監督「レオニード・シュワルツマン」の名前もあります。

「チェブラーシカ チラシ ~三鷹の森ジブリ美術館ライブラリー提供作品」の続きを読む